今更聞けない仮想通貨のあれこれ。「非中央集権」「マイニング」「51%問題」

今更聞けない仮想通貨のあれこれ。「非中央集権」「マイニング」「51%問題」

今や仮想通貨も知っている人が多くなってきましたが今年から挑戦している人も多いのではないでしょうか。

為替や株を取引していた人ならある程度は入り易いとは思いますが取引の仕組み知ってますか?

どうして銀行が発行して無いのに信用できるの?

マイニングって稼げるらしいけど何やるの?

仮想通貨に危険は無いの?

そんな疑問を持たれた方は是非最後まで読んで頂けると幸いです。



フィアット(Fiat)

仮想通貨が流行りだしてから頻繁に耳にする言葉ですね。

私は為替をやっていますが正直最近まで知りませんでした。

フィアットとは「法定通貨」です。

法定通貨とは「円・ドル・ユーロ」など私達が日々使っている通貨の事です。

正確に言うと「国や特定機関が発行している通貨」です。

今までは法定通貨しか無かったので区別する必要が無く知らなかったのも納得です。

非中央集権

中央集権の逆の意味ですね。

フィアットは中央集権型です。なぜなら日本銀行が管理しているからです。

日本銀行は「ほぼ無限」に日本円を発行する事が出来ます。

また運用に関しても大きな発言力を持ち「権力が集中」しています。

ビットコインは非中央集権型です。管理者が居ない事が理由です。

(;・∀・):管理者が居ないのに信用できるの?

(・ω・):ビットコインは皆で支えてるんだよ。

(;・∀・):つまり?

(・ω・):ビットコインさんのお手伝いする人が必要なのさ。

(;・∀・):それって管理者側の人いるじゃん。

(・ω・):お手伝いは誰でもできて一番最初に終わった人が報酬を貰えるんだ。

(;・∀・):みんな報酬欲しいから一生懸命手伝う。

(・ω・):そう。だから管理者が居なくても正確な取引が出来る。

(・ω・):手伝うことをマイニングって言って次で紹介するよ。

マイニング(Mining)

ビットコインの仕事を手伝うことをマイニングと言いビットコインの採掘とも呼ばれます。

フィアットと違いビットコインの新規発行はマイニングでのみ行われます。

まだ誰も見つけてない新しビットコインを発見する事を鉱山の採掘に見立てています。

実際なにをするのかというと「演算」です。

利用者の取引を複雑な演算をもって証明とし一番最初に計算した人に報酬が支払われます。

報酬=新規ビットコイン+利用者の手数料。

(;・∀・):結局ビットコインも無限に湧いてくるってこと?

(・ω・):それは違うよ。上限は2100万枚と定めてある。

(;・∀・):じゃあ掘り尽くしたら?タダ働き!?

(・ω・):少なくなるけど、ビットコイン利用者が支払う手数料から捻出されるよ

(・ω・):ちなみに上限枚数に到達するのは2140年と予想されてるんだ。

(;・∀・):まだまだ大丈夫そうだね。

(・ω・):とは言っても演算が年々複雑になって電気代も多く必要になる。

(・ω・):だから新しいマニング方式が開発され始めてるんだ。

マイニング方式

PoW(Proof of Work):採掘

ビットコインが採用している取引検証方式です。

直訳は「仕事量による証明」。仕事=計算。

*本来マイニングとはPoWのみを指します。

(;・∀・):サラリーマンか。

(・ω・):まあそんなとこだね。

(・ω・):仕事した分だけお金が貰える。

(;・∀・):残業代は・・・?

(・ω・):ノーコメント。

(・ω・):でも計算が複雑になるとコイン発行コストが上がってしまう。

(・ω・):それを解消するのが次の方式

メリット:頑張った分だけ報酬が貰える。

デメリット:複雑な計算をするPCや電気代が必要。

PoS(proof of stake):鋳造

イーサリアムが採用している方式です。

アルトコインの多くはこの方式を利用しています。

直訳は「賞金による証明」。賞金=通貨保有量。

(;・∀・):ステーキ?

(・ω・):ステーキはSteakな!

(;・∀・):金持ち至上主義?

(・ω・):そんなとこだね。

(・ω・):保有量が多い人が恩恵を得る。

(;・∀・):早いもの順じゃ無いから電気代安い

(・ω・):これを利用すると不労所得を得ることも出来る。

(;・∀・):ニート最高!

(・ω・):そして仮想通貨51%問題にも強い。

(;・∀・):なにそれ?

(・ω・):詳しくもうちょっと後に書くよ。

メリット:電気代や環境に優しい。

デメリット:通貨を多く保有する必要がある。

PoI(Proof of Importance):収穫

ネムが採用している方式です。

直訳は「重要性の証明」。重要性=取引量。

(;・∀・):使うと貰えるTポイント!

(・ω・):正解。沢山利用する人が優遇される。

(;・∀・):でも利用する意味って?

(・ω・):仮想通貨の流動性が上がると価値があがるでしょ?

(;・∀・):人気者になる代わりに報酬を支払う。

(・ω・):でもやっぱりお金持ちのほうが沢山取引できちゃう。

メリット:通貨の流動性を確保出来る。

デメリット:PoSとは程では無いが資金で左右される。

PoC(Proof of Consensus)

リップルが採用している方式です。

直訳は「総意の証明」。総意=承認者。

(;・∀・):総意?承認者?

(・ω・):一部の限られた人達80%が承認すると取引成立。

(;・∀・):完全に中央集権!!

(・ω・):いまはね。

(・ω・):まだ仮想通貨が浸透してないでしょ?

(;・∀・):うん。

(・ω・):いまは信用獲得の為に信頼された企業や機関に委託している。

(;・∀・):確かにそっちのが安心だね。

(・ω・):信用が獲得できたら民間にも解放する予定らしいよ。

メリット:信頼性が高い。

デメリット:承認者が少なく取引量が増加すると計算が遅れる可能性が。

*現在はSBIやセコムなど世界で50程度の団体が計算を行っています。

仮想通貨51%問題

これは仮想通貨の仕様です。

マイニング(Pow)の計算は早いもの勝ちとは言ってもそれが合ってる補償がありません。

その為他の人が検証を行い妥当とされた取引が成立する事になります。

妥当と呼ばれるラインは「51%の承認」です。

つまりビットコイン市場の51%のシェアを奪えば改竄された取引が正当とされます。

(;・∀・):やばくね?

(・ω・):今は全然大丈夫。

(;・∀・):理由を述べよ。

(・ω・):報酬が高いから皆やってるので51%のシェアは事実上不可能

(;・∀・):あれ?2140年には報酬が手数料だけに。。。

(・ω・):もしその時までに改善できなければ。。。

(;・∀・):改竄され放題に?

(・ω・):だからビットコインはPoSに乗り換えようとしている。

(;・∀・):PoSは安心?計算なら一緒じゃないの?

(・ω・):保有量による証明。

(;・∀・):金持ち至上主義。

(・ω・):そう。改竄されたら通貨の価値はどうなる?

(;・∀・):滝のような暴落。

(・ω・):仮に改竄出来ても大量に持ってる通貨を改竄する意味は?

(;・∀・):けど先に売り払えば・・・!?

(・ω・):出来るけど、そもそも50%シェアする人居ないんだよね。

(;・∀・):なんで?皆で集まれば不可能ではないでしょ?

ビットコインは管理者が居ないのでオープンな仕組みとなっています。

誰がマイニングしたかは誰でも確認することができます。

BLOCKCHAIN

上記のサイトでいつでも確認でき「中継所」でマイニングし人が分かります。

(;・∀・):で?見れても51%取ればいいじゃん。

(・ω・):でも51%に近づく団体が居たらどう思う?

(;・∀・):改竄されると思う。怖い。

(・ω・):皆怖がって通貨売るから実行する前に暴落

(;・∀・):沢山通貨持ってるだけあって自滅するね。

(・ω・):51%のシェアを取るだけでもかなり大変。

(・ω・):それなのに得をしない。それならどうする?

(;・∀・):やらない。

(・ω・):そのお金使ってマイニング報酬貰った方がお得だよね。

(;・∀・):確かにー。

まとめ

取引検証の方式は多数あり、その検証に対する報酬の一つをマイニングと呼びます。

中央集権と非中央集権。どちらが良いんでしょうか?

私は国の政治家や日銀が独占的に主導権を握っているより遥かに良いと思っています。

PoWの弱点を補うためにPoSが生まれたように多くの人が介在する事で柔軟な発想や技術が生まれると考えているからです。

今現在は例え新規通貨発行が止まっても51%攻撃は無いと予想されます。

ですが技術が発展した未来は予想できません。

量子コンピュータなんてものが完全に動いたら現状ですらアウトですからね。

いずれにしれも仮想通貨は今後も様々な技術を取り入れ進化していくと思うので楽しみです。

Twitterで仮想通貨情報も発信していくのでフォローお願いします★

オススメの「国内」取引所

オススメの「海外」取引所

*投資は全て自己責任です。余裕の資金から始める事を約束して下さい。

コメント

  1. より:

    ビットコインは「2140年」までです。ご訂正を。