【Amazon激怒】誤発注0円イヤホン、メルカリで4000円で販売され研修生涙目。中国人Twitter有

9月8日にAmazonで7000円で販売されているイヤホンを0円で販売してしまう事件が起こった。

LEOPHILEのイヤホンでBluetooth 4.1対応の防水両耳イヤホンである。

このミスをしたのは研修生(中国人)で発覚後に購入者に対して「返品してくれ」と言う趣旨のメールを行った。だがAmazon側は「返品する必要は無い」と発表し波乱を呼んでいる。

そんなイヤホンがメルカリに出品されていて値段は4000円。



時系列

9月7日

イヤホンメーカーLEOPHILEが自社のイヤホン(定価7000円)に対し3500円のクーポンを割引をする。

9月8日

Amazonのタイムセールを行う。この時本当ならクーポンは外れている予定が中国人研修生yaraさんのミスでそのまま突入。

タイムセール価格2500円にクーポン3500円が乗ってしまい0円のセールとなった。そのころネットでも騒ぎとなり家電カテゴリ1位になってしまい2750個を販売してしまった。

その後yaraさんもミスに気づき返品してくれとのメールを購入者に送る。

9月9日

炎上してしまった為止む無くAmazon介入

「返品に応じる義務はありません」

「商品はそのままお納め下さい」

また配送停止や受取拒否したユーザには7000円分のAmazonギフトを送る対応を決定。

9月10日

「メルカリに4000円で出品される」

Amazonの対応

当初Amazonは厳しいなと思いましたが当たり前なのかもしれませんね。

ここで返品を推奨した場合Amazonセール自体の欠陥となってしまいます。例えばセールで安く売った場合に後で「やっぱ返して」と返品を促し一時的な売名みたいな事が横行する可能性もありますからね。労力とは見合わないと思いますが。

にてしも受取拒否したユーザへの7000円の補填は凄いですね。このイヤホンの定価から算定したとは思いますが、このお金は最終的に何処が負担するのでしょう?笑

しくじり先生

今回の事件を起こしてしまった研修生のyaraさん。

一発目の「返して」を研修生自ら送信してしまったのがマズかったですね。事を大きくしない為なのか会社側からの命令なのかは分かりませんが。このメール文章で炎上を大きくしてしまったのは間違いないでしょう。

Twitter上でも購入者とのやり取りを行っていて今でも奮闘しています。

書き込みがカタコトで応援の声と批判の声が混じり合っています。

値段設定

私はこのイヤホンの値段設定に一番違和感があります。定価7000円。

日本の家電は定価で売る気が無いので高くなるのは当たり前ですがLEOPHILEが発行したクーポンが3500円引き。Amazonセールでは4500円引き。

普通店舗が独自で発行したクーポンの方が安くなると思うのですが。。。

Amazonセールが凄いのか、本来は2000円くらいで売られる商品なのか。

まとめ

結局メルカリでどれだけ捌かれるのかに注目が集まります。

メルカリユーザは他と値段の比較をしない人が多いと言われています。Amazonセール時2500円だった商品を4000円で購入する人はどれだけ居るのでしょうか?

0円で売られた経緯のある商品を4000円で購入しようとは思わない人も多いでしょう。

メルカリで出品する機会がある人は動向を見守ると今後の値段設定のヒントになるかもしれませんね。

そして私は一連の事件が研修生の責任だとは全く思えません。

LEOPHILE EEL Bluetooth 4.1 イヤホン  IP67 防水 スポーツ ネックバンド ブルートゥースイヤホン 首掛け ワイヤレスイ…

価格:10,294円
(2017/9/11 20:17時点)
感想(0件)

!アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする