【日本新記録】桐生祥秀9秒98で疾走!!男子陸上100m

陸上の男子100メートルで、東洋大学4年生で21歳の桐生祥秀選手が、福井市で行われた大学生の大会に出場し、日本選手初の9秒台となる9秒98の日本新記録をマークしました。これまでの記録は、1998年に伊東浩司さんが出した10秒00で、桐生選手は0秒02更新しました。
東洋大学4年生で21歳の桐生選手は、9日、福井市で行われた日本学生対校選手権の男子100メートルの決勝に出場しました。

桐生選手は、好スタートを切ったあと、中盤から終盤にかけても伸びのある走りを見せて、1.8メートルの追い風が吹く条件の中、日本選手で初めての9秒台となる9秒98の日本新記録をマークしました。



桐生選手は、力強く大きなストライドとスタートから中盤にかけての爆発的な加速力が持ち味で、高校3年生の4月に広島市で開かれた大会で日本記録に100分の1秒と迫る歴代2位の10秒01をマークして、一躍脚光を浴び、去年6月の大会で、3年ぶりに自己ベストに並ぶ10秒01を再びマークするなど、日本選手初の9秒台への期待が集まっていました。

これまでの記録は、オリンピックに1996年のアトランタ大会と2000年のシドニー大会に2回出場している伊東浩司さんが1998年のアジア大会でマークした10秒00で、桐生選手は0秒02更新しました。

去年のリオデジャネイロオリンピックの陸上男子100メートルの決勝では、金メダルを獲得したジャマイカのウサイン・ボルト選手の9秒81をはじめ、レースに出場した8人のうち、上位6人が9秒台をマークし、残る2人は10秒台でした。

桐生選手が9日にマークした日本新記録の9秒98は、オリンピックの決勝のレース結果に当てはめると6位の選手の9秒96に次いで7位に入ることになります。

続きはこちら