千葉市、市章をボカロの初音ミクへ変更!!マジカルミライ2017

千葉市は24日、バーチャル(仮想)アイドル歌手「初音ミク」をかたどった市章の特別デザインを、31日の1日限定で市ホームページに登場させると発表した。市章とミクの姿形が似ているとしてコラボ企画が実現。9月1日から幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬)で開かれるライブイベントには市が初出展し、コラボグッズを配布する。

初音ミクは歌詞とメロディーを入力して歌わせる仕組みのソフトウエアとキャラクター。バーチャルアイドルとして国内外で人気を集めている。音声制作ソフト開発のクリプトン・フューチャー・メディア(札幌市)が発売し、31日は10周年に当たる。

市章は千葉のまちを開いたとされる豪族、千葉氏の月星紋に「千」を加えた緑色のデザイン。近年、ツインテールが特徴のミクと「そっくり」とネット上で話題になり、千葉市が同社にコラボを提案した。

31日午前9時~午後9時、市ホームページのパソコン版トップページとスマホ版の全ページで、市章を特別デザインに変更する。市観光プロモーション課もツイッターのアイコンにするという。

続きは…千葉日報