はじめしゃちょーに騙された!?ちんちん侍!Googleアドセンスから警告!ポリシー違反・アダルト

はじめしゃちょーに騙された!?ちんちん侍!Googleアドセンスから警告!ポリシー違反・アダルト

2017年ある日それは突然やってきた。8月21日いつも通りGmailをチェックしているとアドセンスからのメールが。何度かメールは来たことがありますが、全て広告位置などのアドバイスだった為油断してました。

なんと私のブログが規約違反であり速やかに修正しろとのこと。

今や大半のブロガーがアドセンスを利用していて収益の柱的存在だと思います。

私はアドセンス以外での収益は今のところ無いので、ここで広告停止になったらどうしよう。。。やっぱり一番に思い浮かび焦りました。

ですが冷静に対処すれば結構簡単でしたので書いて行きたいと思います。



違反内容

違反内容は「アダルト」でした。見た途端なんとなく検討が付きました。

前日の夜にYouTuberの「はじめしゃちょー」のアップした動画「ちんちん侍」を取り上げていたからです。

YouTube側ではこの動画に広告が付いているのに「私だけ不公平だ!」と思っていました。

何とご丁寧なことに「違反ページの一例」で私のブログページがリンクされていました。記事は分かって居たのですがとりあえず飛んでみると。。。

予想はハズでした。私のブログのゲームカテゴリー「グリザイア」のページへのリンクでした。このカテゴリーの最終更新は8月1日です。

今思えばアドセンス側も1日で違反を見つけるには巨大ブログか違反通報が余程多くないと出来ないですよね・・・

半月前の記事なので丁度頃合いなのでしょうか。リンクに飛んだ瞬間3記事あるのですが、どのページの事か直ぐに分かりました。

片方が記事内に「下着で更衣室」、もう一方が「シャワーシーン」のサムネイル。今回のグリザイアは前作までと違い「R15指定」だからと甘く見ていました。笑

両方がサムネイルって訳では無いので、対象ページが複数あるからカテゴリをリンクしてくれたとしたら親切ですね。

ペナルティの種類

アドセンス側のはこの様な警告が出ていました。上の赤帯が住所になっていますが2つ目にこのポリシー違反も書かれていました。

そして不思議なことに「広告が停止されていない」。

調べてみたところアドセンス違反のペナルティは3つあるようです。

1.警告:当該ページの広告配信停止

2.停止:アカウント自体の30日間広告停止

3.無効:アカウントの削除(BAN

下に行くに連れて重く一番軽い警告もページ単位の広告停止があるようですが、私のブログ内の広告はどれもバッチリ稼働していました。

アドセンス側の仕様変更でもあったのでしょうか?停止してくれた方がどの記事か判別しやすい気もしますが今回は分かりやすかったので良かったです。

対処方法

これはとても分かり易いものでした。

1.当該ページの削除

2.当該ページからの広告を削除

3.コンテンツの修正。

当然ブロガーなら1は回避したいですね。私も2か3で少し考えたのですが広告を削除するのは勿体無いし、アダルトが売りの記事では無いのでコンテンツの修正を選びました。

これは間違いなく正解だったでしょう。広告が停止されているなら別ですが、1や2を選んでもその記事で合っている確証は無いからです。

多分地道に修正していれば停止処分にはならないと思いますので。

修正後の申請

コンテンツの削除・修正を行ったら絶対忘れてはいけない操作があります。それはアドセンスページへ行き解決済みのチェックを押します。

アドセンスTOPに赤帯で警告が出ているので忘れる事はないと思いますが解決済みにしないとアドセンス側への報告が遅れてしまします。

例えば見当違いの修正をしていて解決と思い込んでしまい数週間後にグーグルのクロールが来て直ってないと判断された場合は、停止処分に移行してしまう可能性も高まるので重要です。

そしてこの解決済みを押すと一瞬で変化が!!

ふざけてんのか!?笑

押して直ぐに修正箇所と違反箇所を照らし合わせて判断するなんて事は可能なのでしょうか?技術的には可能だと思いますが張り替えた画像がまた違反画像の場合もあるのでこんな直ぐに終わるとは思えません。。。。

私の場合は元々広告が配信され続けていたので分からないのですが、停止された場合はこのタイミングで本当に復活するのかが気になるところです。

ですがあれから2日経ちましたが今のところアドセンスからのお知らせは無いのでこれで解決という所でしょう。流石に後日「やっぱ駄目だった」とか言われたら怒っちゃいます。笑

最後に

はじめしゃちょー。疑ってごめんなさい!

警告メールを見たときPCが無い出先とかだった場合は驚くと思います。まずは警告内容を確認しましょう。そしてブログへ移動し広告の配信状態のチェック。

広告がまだ配信されていれば焦る必要は無いでしょう。

一番まずいのが「この記事のせい!」と決めつけて削除してしまうのが一番勿体無いと思います。

違反内容は「アダルト」以外にも「暴力」、「ポイントサイト」、「広告クリック誘導」など色々あるようです。

どんなに気を付けていても一生に一度は警告が来てしまう事があると思うのでその時には落ち着いて対処していきましょう。

私が参考にしている書籍↓↓

しっかり稼げるGoogleアドセンスの教科書 現役アフィリエイターが教える! [ 三木美穂 ]

価格:1,814円
(2017/8/23 21:20時点)
感想(1件)

はじめてのWordPress本格ブログ運営法 あなたもアフィリエイト×アドセンスで稼げる! 本書 [ 大串肇 ]

価格:2,484円
(2017/8/23 21:20時点)
感想(0件)