【悲報】Microsoft『Windows10』秋の大型アプデ「ペイント」サービス終了?《ペイント3Dの使い勝手は?》

【悲報】Microsoft『Windows10』秋の大型アプデ「ペイント」サービス終了?《ペイント3Dの使い勝手は?》

 米Microsoftは7月24日(現地時間)、「Windows 10」の次期大規模アップデート「Fall Creators Update」で削除あるいは開発を終了する機能を発表した。

そのリストに描画ツール「ペイント」が含まれている。ペイントについての説明には、「Windowsストアで提供する予定。機能は『ペイント 3D』に統合される」とある。

ペイントは、Microsoftが1985年にリリースした「Windows 1.0」から35年間、ずっとWindowsのプリインストールアプリとして存在してきた。

Microsoftは春の「Creators Update」で「ペイント 3D」を追加し、「スタート」での表示でペイントを「Windowsアクセサリ」の下に移動させており、この時点でペイント終了の予兆はあった。

今後はペイント 3Dをメインの描画ツールとしていくようだ。

Microsoft、「Windows 10」の秋の更新で「ペイント」プリインストールは終了へ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/25/news050.html

初めに

これを会社で見た時は本当に驚きました。一太郎スマイルがMSオフィスに切り替わった時と

パソコン使う人で1度も触った事ない人は居ないのではないだろうか?

私も単純な画像サイズの変換、向き変更。スクリーンショットの切り抜きなどで良く使っていただけにサービス終了は悲しい。

2017秋の削除・非推奨リストに追加された事により今後の開発やサポートが終了するようです。

すぐに削除される訳ではありませんが、サポートが無くなるので削除も時間の問題だろう。

削除・非推奨リスト

https://support.microsoft.com/en-us/help/4034825/features-that-are-removed-or-deprecated-in-windows-10-fall-creators-up

3Dペイント

ペイント終了後は「3Dペイント」が機能を継続して行く。

今までは入ってる事すら知らなかったが、導入されていたので実際に使ってみた。

結果は「めっちゃ使いやすい」。

基本機能は従来のペイントと同じで機能拡張版といった感じ。

今回は適当に文字を書いて3Dモードにしてみた。

色合いや、筆の種類も増えいる。

トラックボールで縮小拡大が出来て大きい画像を扱う時にかなり楽になる所が個人的にはポイントが高い。

3Dと言うだけあって球体に平面の画像を貼り付けて3Dで再現することが出来るようだ。

当初はどうなる事やらと思っていたが、意外と心配はいらないのかもしれない。